スキューバーダイビングを楽しむコツ

ダイビングの全て

ダイバーならチャレンジしてみたい古宇利島のレックダイビング

| 0件のコメント

レックとは沈没船のことを指しています。海底に沈んている歴史ある沈没船を見に、毎年多くのダイバーが沖縄へ潜りに行きます。沈没船を見て回れば、長い間眠っていた財宝を発見できるかもしれません。また複雑な構造になっている船内を泳ぐことでダイビングスキルを向上させることもできます。沈没船のある地域は限られていますが、日本国内であれば沖縄の古宇利島でレクダイビングを楽しむことができます。古宇利島は沖縄本島の北部に浮かぶ島で名護市から少し北へ向かった場所にあります。

ここには第二次世界大戦で神風特攻隊にやられたアメリカのエモンズという高速船艇が沈んでおり、2001年に発見されて以来、人気のダイビングスポットとなりました。全長で100メートル以上もあるエモンズは水深30-40メートルほどの所に沈んでいますが魚雷や船室なども残っており、歴足の足跡をそのままに見ることができる貴重な場所となっています。また入り組んだ船体は魚の住処ににもなっているのでフィッシュウオッチングも楽しめます。海の深い場所に沈んでいるため潜水時間は短くなってしまいますが、中級者以上のダイバーがエモンズの魅力に誘われてやってきます。

ただレックダイビングとは言っても、普通のダイビングとは少し異なる技術が必要になってきす。潮流の変化が激しい場所に沈没船が眠っている場合は、少し高度なダイビングスキルが要求されることがあるのです。沖縄にはレックダイビング専用のライセンスコースを設けているスクールもたくさんあるので、これを機会に沈没船見学に必要なスキルを学ぶと良いでしょう。

コメントを残す

必須欄は * がついています